地球が笑顔になれる環境作りのために「エコロジー&ロハス」な暮らしを提案します。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『 戦慄レポート 近藤誠「抗がん剤は効かない」  』
2015-07-01 Wed 09:45
1024x768x3f93da36e4dcc70910e18ac.jpg



こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私のブログを読んで頂き心より感謝します。


本日も、どうぞよろしくお願いします。



それでは、今日のテーマです。



『 戦慄レポート 近藤誠「抗がん剤は効かない」  』から



【 氾濫する癌特集では触れられないタブー。】


「抗がん剤は効かない」


慶応大学医学部講師 近藤誠さん。

これまでも、医学界の常識や権力構造と戦い続けてきた方ですけれども

今回この記事では、抗がん剤をめぐるタブーに触れています。

結論から言います。


抗がん剤というものは、急性白血病や悪性リンパ腫などの

血液がんでは有効な標準的な治療法です。


しかし、肺がんや胃がんのように癌が塊をつくる固形がんでは

大した効力がない、はっきり言って、患者さんを延命する効果は

ないそうです。


そう言える根拠として、いくつかの抗がん剤の臨床試験に関して

試験結果の生存曲線を細かく分析して、生存率が上がるように

見せかけた専門家たちのからくりを暴いています。


そこには、明らかに人為的操作データの改ざんがあるようです。


簡単に言うと、死亡した患者を生きているように扱うインチキです。


たとえば、クレスチンという抗がん剤に関しては、胃がん以外の

理由で死亡した患者を、胃がんでは、生きているとすることで

胃がんの手術の後に使用すると、生存率が上がるとしていたそうです。


こういった、専門家たちによる情報や隠ぺいは、極めて巧妙なため、

一般の医療機関の臨床医は気づきません。


製薬会社が配る、抗がん剤のパンフレットに抗がん剤を使うべき

抗がん剤が標準治療と書いていれば、それを信じてしまう。


その専門家が製薬会社から、寄付金などの経済的利益を得ている

相互依存関係があると、半ば知っていながらです。


では、それはなぜか、騙されたいた方が、心地いいからなんですね。

真実に気づくと、患者に勧める治療がなくなり、医療機関の収入が

減ります。


だから、気づいていても、異議を唱えないんですね。


ところで、近年専門家たちは、抗がん剤の進歩によって、寿命が

延びたと主張していますが、ここにもからくりがあります。


それは、検査法が格段に進歩して発見される、転移病巣が

だんだん小さくなってきたという、事実を無視していると

いうことなんです。


触診が頼りだった、時代から比べると、CT・エコー・MRI・PETと

いったような検査方法が次々と開発導入され今では、1センチ程度でも

発見可能なんですね。


小さいうちに癌が発見できれば、仮にそのまま放置しても

昔発見された大きさに育つ間、長生きしたように見えるわけです。


特に転移性の大腸がんにおける、抗がん剤の延命効果は、

全て、この説明ができてしまうそうです。


そもそも、製薬会社の利益は、認可次第にかかっています。

認可されれば、莫大の利益が約束されます。


その認可は、臨床試験の結果次第、だからこそ、結果をより

良好に見せかけるために、製薬会社は、億単位のお金を出して

専門家と癒着する。


まあ、そういう構図ですね。


しかし、抗がん剤の治療というのは、経済的にも肉体的にも

患者の負担が大きいとされていますよね。


それが、無意味だったなんて言うのは、

にわかには、信じがたい話ですけれでも、

この告発に全国の医師がどう反論するのかですね。


まともに、反論できないとしたら、恐らく、それが答えですね。


さらに、・・・


【 抗がん剤に対するご意見です。】


●私も医療関係の仕事をしていますが、本当に抗がん剤で苦しんで、
苦しんで最後は廃人のようになって亡くなっていく患者様を大勢みてきました。
でも何も出来ませんでした。悲しいですがこれが現実です。
どうにかしなければと思いながらも、どうにも出来ない自分に虚しさを覚えます。


●私たちの身近な人の中にもガンで苦しむ人がいます。
一人でも多くの人に、このことを知って頂きたいとおもいます。


●みなさん、ご苦労様です。
抗がん剤の件でいろいろご意見がおありでしょうが、
私は船瀬先生の言う様にして、自分で癌を治しました。
手術・抗がん剤・放射線の三大治療をせずに癌を克服したのです。
よって、私は三大治療の必要性自体に今は疑問を感じています。


●私の知り合いで抗がん剤で亡くなった方が沢山おります。
猛毒の抗-がん剤は、副作用が物凄く、術後弱まって亡くなりました。
話によ-ると癌は切除も放射線も抗がん剤もしないほうが良いと言う考えもあるそうです。
がんもどきまでみな切除して、抗がん剤治療で亡くなるのはまっぴらお断りですね。


●抗がん剤を含め、薬物の治験というのは医師のみならず外部のいくつかの人間が集い、
厳密にコントロールされて行われる。昔々ならいざ知らず、
今のご時世でそんなに改ざんをすることはまず不可能。
というか、生きている人間相手にそんなにきれいな薬物使用と対-象疾患に関する
生存曲線が出ると考えている点で、愚かだとしかいいようがない。

●中村勘三郎さんも抗癌剤治療で免疫力の低下で、急性呼吸窮迫症候-群で
亡くなったのだと思っています。原田芳雄さんも大腸がんの手-術の後、
肺炎で亡くなったそうです。切除や放射線治療、抗癌剤治療で、
免疫力が低下して、癌の何割かが、他の病名で亡くなるそうです。


●そうなんでしょうねぇ、ガンの治療に行ってそのガンでは亡くならず、
(80%はガンで死んでない)感染症で亡くなっている。
坂口良子さん、中村勘三郎、市川團十郎、田中好子さん、
など絶対若すぎる死に決まっておる。


私は、以前、臨床検査をしておりました。

ドクターから、がん患者さんの血液検査の依頼も多く

調べましたら、抗がん剤の影響で、血液細胞の中の白血球、赤血球も

抗がん剤の影響で、壊れた細胞が多く見られました。


この時、抗がん剤は、毒であるということが解りました。

これからの、医学は、人間が本来持っている、自然治癒力を

手助けする医学がベストであると思います。


皆さんは、いかがですか?


有難うございました。



ロハスな次世代の健康ショップ !

「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。

是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。

お待ちしています!ありがとうございました!



スポンサーサイト
別窓 | 薬毒 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『 癌の名医が自ら抗がん剤治療を拒否!その訳は? 』
2015-06-29 Mon 11:25
蝶



こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私のブログを読んで頂き心より感謝します。


本日も、どうぞよろしくお願いします。



それでは、今日のテーマです。



『 癌の名医が自ら抗がん剤治療を拒否!その訳は? 』から



【 がん治療の現場を知り尽くしたガン名医が末期がん。】


そのとき彼は抗がん剤、放射線治療を拒否したここから本文です。

余命を生活の質に重きを置いた決断。


その選択は間違ってはいない。


がん名医が末期がんに…それでも「治療しない」と語る理由


【 女性自身掲載記事 】


「誰にも言っていませんが、余命は1年もないでしょう」と自らの余命を語るのは、

神戸市「新須磨リハビリテーション病院」院長の神代尚芳医師(67)。

これまで約200人のがん患者を看取ってきたという神代医師。

そんな彼が今、末期の肺がんに侵されているという。

がんが見つかったのは、昨年5月のこと。手術は、親友の医師により7月に行われた。


だが現在、神代医師は抗癌剤や放射線治療などの治療を行なっていないという。


『大細胞型』のがんは抗がん剤が効きにくく、放射線治療も効果がないんです。

だから、もう対応のしようがない。飲んでいるのも胃腸薬ぐらいです。

もちろん、自分がこれまで患者に言ってきたことと違うことを

するわけにはいかないという思いもあります」

これまで彼は患者への治療を必要最小限にとどめてきた。

それは延命ではなく“自分らしい人生”を送ることに重点を置いた治療だった。

神代医師によると、今の医療はやるべき治療を行なっていない一方で、

やり過ぎだと思うことも多いという。「もちろん何でも放置すればいいというわけではないですよ。

でも手遅れなのに手術を重ね、辛い治療を続けることで“最期の時間”を犠牲にしている人も多いんです」


そんな彼が20年間に渡り提唱してきたのが『完成期医療福祉』という考え方だ。

「『死ぬことはこの世から消えてしまうこと』だと考えると耐えられないほど恐ろしい。

でも『死は人生を完成させるもの』と思えば、怖くなくなる。

つまり充実した最期をもって人生を完成させるということです。

そのためには、管理された病院で死ぬのではなく、

自宅などの自由でいられる場所で最期をすごす必要があるんです」

患者のために人生を捧げてきた神代医師の考える“人生の完成”。

それは、独居老人が自宅に戻って充実した最期を迎えるにはどうすればいいのか。

どんなサポートが必要なのかという答えを見つけることだった。

「幸か不幸か、私はがんになりました。だから自らが実験台となり、

それらを見極めたいと思うようになりました」



【 コメント 】


治療の選択肢はいろいろあって、どれを選ぶかは本人であることは、

治療の上では基本的なことです。がん治療の何たるかを知り尽くした

このドクターの選択は、間違っていません。余命を生活の質を優先して過ごす選択です。

がん治療の現状と隠された事実を知ることが生死を分けるといっても過言ではありません。

むやみに三大治療法(抗がん剤、放射線、手術)にすがって生活の質を下げて、

苦しんでなくなっていく方が多いのが現状。つまり抗がん剤でがんは治らないと言うこと。

さらには命を縮める危険性もある。


事実、東大病院のがん研究の先生方は、がんになっても抗がん剤は使わないそうです。

(効かないことを知っているから)国立がんセンターの歴代のセンター長はほとんどみんなさん

ガンで亡くなっているそうです。


【 あるご夫婦の選択 】


仲睦ましいご夫婦ですが、奥様ががんになられ、種々の検査の結果はスキルス胃癌のステージⅣ、

つまり末期癌でした。県の高度医療の最先端「県立中央病院」を紹介してもらいました。

担当の女医はすでに転移が4箇所あるし、腹膜内への転移もあるので手術は不可能。 

「抗がん剤治療に期待するしかないですね」とのあっさりしたものでした。


無治療ならば余命は1年未満。抗がん剤治療を行えばさらに10~12ヶ月くらいは

延命させられるかもしれない」との診断です。


家に帰って猛烈に調べられたそうです。そして大いに疑問を持たれたのでした。

セカンドオピニオンで国立がんセンターにも行きました。


抗がん剤治療に異を唱えて数々の著書を出している、

慶応大学医学部の、近藤誠先生にも会いに行かれたそうです。


そしてご夫婦は結論を出されました。抗がん剤治療に延命効果などない。

結局なにもしなくとも命ながら得る人は長らえるし、

西洋医学の3大治療をいくらやっても駄目な人は駄目なのだ・・と


延命効果があるかないかわからないものに苦しい思いまでして掛けて、

QOLを下げてまで治療はしたくない。との強い気持ちだったのです。


退院のとき、親身になってお世話してくれた男性主任看護師さんに、

奥様が尋ねられました。

「ほんとうにお世話になりました。最後に、ひとつ聞きますが、

もし、貴方が癌になったら、抗がん剤治療を受けますか?」

K看護師は間髪入れずにこう答えました。


「私は絶対拒否します。なぜなら、抗がん剤治療で苦しんだ挙句に延命効果がみられた人は、

少なくとも私は見たことがありません。抗がん剤治療を拒否された方が

その後どのようになられたかもわかりませんが・・」


県立中央病院は県の癌治療の最先端とされています。

その癌病棟の主任看護師の言葉です。

退院後1カ月ほどで奥様はお亡くなりになられたそうです。


しめやかに葬儀が行われたそうです。旦那様は抗がん剤治療拒否したことを

全く後悔しないどころか、最後まで生活の質を優先できたことに

判断が正しかったと思っていらっしゃったようです。


日本の終末医療の現状をお伝えしました。


ご縁でこのブログに来られた方は、いかがだったでしょうか?


日頃から、少なくとも以下の3つを実践して下さい。


1、笑うこと!!

2、食を改めること!!

3、体を温めること!!


つまり、全ての医療の原点は?


【 医学の父 ヒポクラテスの言葉 】

「自然は不調和を回復しようとする力を人体に与えており、

これを自然治癒力という。これを助けるのが医術であり、

治療の根本方法である」 と思います。



有難うございました。



ロハスな次世代の健康ショップ !

「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。

是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。

お待ちしています!ありがとうございました!







別窓 | 終末医療 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
『 最高のがん予防とは? 』から
2015-06-28 Sun 09:55

ジュエリー





こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。



それでは、本日のテーマですが?



『 最高のがん予防とは? 』から


1、笑うこと!!

2、食を改めること!!

3、体を温めること!!です。



【 1、笑うことで強くなる体内の戦士!! 】



私たちの体内には、とてもユニークな働きを持つたくさんの戦士がいます。

それは、リンパ球を中心にしたナチュラルキラー細胞

(NK細胞)・T細胞・B細胞・大食細胞など数十種類の細胞たち。


お互いが綿密に情報を交換しながらウイルスや細菌などの侵入を撃退しています。


そして、SF映画さながらの戦いを繰り広げる戦士たちのパワー源は、

私たちが明るく過ごし、大いに笑うことにあるという驚くべき研究結果が出ているのです。

つまりキラー細胞をはじめとする多くの細胞は、

人が落ち込んだり憂鬱な気分だったりすると

働きが低下し、逆に楽しく愉快に過ごしている時は戦う力が強くなるのです。



【 がんを破壊するNK細胞が元気になる! 】


若い人でも、健康な人でも、身体の中では1日約3000~5000個の

がん細胞が発生しています。それらのがん細胞を破壊するのがNK細胞。

NK細胞の働きが弱まると発生したがん細胞を殺しきれずに

がんが発病します。

がんが発病してからも手術や放射線などの治療効果を上げるためには

NK細胞の働きが大きく影響します。

大体、3時間笑い続けると、NK細胞は、約7倍に増えたという実験結果が

出ています。



【 2、食を改めること!!  】


マクガバン・レポートから学ぶ。


マクガバン・レポートについて、簡単に説明しておきます。

1977年、今から25年前のことですが、当時アメリカでは医療費が増大し、

財政的危機にありました。

「こんなに医療にお金を掛けているのに、どうして病気の人が減らないんだ」と、

当時のフォード大統領は言うわけです。

そして大統領の命を受け、アメリカ上院栄養問題特別委員会が、

慢性病と食事との関係について世界的に調査し、

いっこうに病人が減らない理由、医療費が下がらない理由を突き止めました。

それがマクガバン・レポートなのですが、マクガバンというのは

同委員会の委員長の名前です。

このマクガバンは、当時副大統領候補に推されるほどの

有望な政治家でしたが、委員長に任命されたお陰で、

その政治生命は絶たれてしまったそうです。


なぜでしょうか?


「現代医療は手術や薬に偏り過ぎていて、

栄養的な視点が欠如している片目の医療だ!」

「肉食中心の、誤った食生活をしているから、

病気になるんだ!食源病だ!」

と、そのレポートには、そんなことが書かれていたのです。

全米医学界、畜産業界がだまっているわけありませんね。

残念ながら、マクガバンは翌年の副大統領選に、

落選してしまったのでした。

実はそのレポートには、穀類を主食として豆類、野菜、海草、

それに小魚や貝類を少量添える、「元禄時代以前の日本の食事」、

和食こそが、人類の理想食であると書かれています。

「なぜ元禄時代以前?」・・・理由は元禄時代に精米技術が発達し、

白米を食べるようになったからです。

その結果、「江戸わずらい」すなわち、脚気が大流行したという話が

歴史に残っています。皆さんも聞いたことがあると思います。

お米は精白することで、胚芽に含まれるビタミン、酵素、ミネラル、

食物繊維といった貴重な栄養素が無くなってしまいます。

栄養的に優れている玄米を主食にしていた頃の和食が、

理想的な食事というわけです。


【 3、体を温めること!! 】


がん細胞が増殖するのは35℃台。

がん細胞が死滅するのは39℃台。


今は低体温の人が多いから、がん細胞の格好の餌食になってしまします。

ドイツの医科大学でガンの自然療法を行なっていたイセルス教授の言葉に、

「世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ」というものがある。

 食欲不振も発熱も、「体が自らを治そうとして起きた反応」と捉える考え方だ。

 風邪や肺炎をはじめ、胆嚢炎、膀胱炎、髄膜炎などの炎症疾患には、

すべて発熱と食欲不振を伴う。

これらは、我々の体が体内の老廃物・有毒物を燃やしているサインであるぱかりか、

通常は消化活動に便われるエネルギーを病気治癒に費やそうとする反応である。

同時に食を断つことで、病気のもとである老廃物や有毒物を

これ以上体内に侵入させたり、つくらせたりしないようにしているのだ。

これは人間だけでなく、どんな野生動物も行なっていることである。

 ところが、現代栄養学では、食欲の落ちている人にも無理やり食事を摂らせようとする。

また、現代医学では、発熱に対してすぐに解熱剤を

使うという悪しき習慣をずっとつづげてきた。

そのおかげで、「熱=下げるもの」という考えが一般の人にも深く根づき、

いとも短絡的に薬局で薬を購入し、飲みまくるのが現状である。

 現代医学は、病気の原因についても、すべてウイルスや細菌のせいにしたがる。

その一方で、なぜウイルスや細菌が体内に侵入するのか、

その根本原因をまったく考えていない。

そのため、熱が出たら下げるばかりか、がんができたら切除する、

湿疹ができたら抑える、などの対症療法を行なってきたのだ。

その結果、さらに体内を汚し、病気を悪化させているのである。

 しかし、食欲不振も発熱も体の防御システムが起こした治癒反応で

とくに発熱が病気の治癒にとって非常に大切な現象であることを認識すれば、

自然と対策も変わってくるはずである。

いいかえれぼ、「病気を治すために発熱する」といってもよいからだ。

 古代ギリシャの医師・ヒポクラテスは、「患者に発熱するチャンスを与えよ。

そうすれば、ワシはどんな病気でも治してみせるぞ」と言っている。

当時からがんをはじめ種々の難病を、患者をわざとマラリァなどの

感染症に罹患させて治す「発熱療法」があったと言うことです。



皆さんはいかがでしょうか?



有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!


別窓 | 健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 【安心・安全】ロハスなライフスタイル | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。