地球が笑顔になれる環境作りのために「エコロジー&ロハス」な暮らしを提案します。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新型インフルエンザ!感染者1人でも学級閉鎖!
2009-01-19 Mon 11:26
新型鳥インフルエンザ


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【新型インフルエンザ!感染者1人でも学級閉鎖!】です。



次々と打ち出される新型インフルエンザ対策。


幼稚園から大学まで、全学校が閉鎖になる日はいつ!?


前回では厚生労働省の新型インフルエンザ対策の1つ。

マスクの備蓄を書きました。

皆さんは、マスクの準備をされましたか?

国や自治体では、訓練を繰り返している中、20日には
厚生労働省の専門家の会議が新たな感染防止対策を
発表した事が報じられました。

それは、新型インフルエンザの感染者が、1人でも見つかった時点で
発生地の都道府県全域の学校を閉鎖すると言うものでした。

皆さん、その事態を想像できますか?

まるでテレビや映画の1シーンを見ているかのようの状況が
目の前で繰り広げられるのです。

その状況を実感できますか?

これか近い将来必ず起こる出来事なのです。

今回の発表では同時の電話による診療だけで
インフルエンザ治療薬処方箋発行を認める方針も打ち出されました。

この事態を見ても、今までのインフルエンザウィルスと
新型インフルエンザウィルスとの差がはっきりうかがえます。

まだ日本では、鳥インフルエンザが人間に感染したと言う事例は
ありませんが、1例でも報じられれば大混乱が巻き起こる事は必至です。

パンデミックが起きた場合、厚生労働省の予測では、国民の25%。

つまり、4人に1人が感染し実に3200万人になるのです。

入院する患者は200万人にのぼるとしています。

そして、死者数は64万人になると試算しています。

この死者数は、スペイン風邪と同程度の毒性のウィルスが
新型となって出現した場合の想定です。

今回の新型インフルエンザはH5N1型の鳥インフルエンザウィルスは
強毒性ですので、想定外です。

一度、流行したらもしかして?死者数はその3倍200万人以上に
なるかもしれません。

ワクチンが出来るまで、時間もかかります。

私達の免疫力を日頃から高める事が何よりの感染防止に
つながると考えますが?

皆さんはいかがでしょうか?



有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

スポンサーサイト
別窓 | 新型鳥インフルエンザ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【マスク1枚が生死を分ける鍵に?】
2008-10-19 Sun 18:15
新型鳥インフルエンザ


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【マスク1枚が生死を分ける鍵に?】です。


異常気象!食品問題!経済不安!多くの
社会問題を抱えている現代社会。

もし?ここで新型インフルエンザが猛威を振るったら?
人類はおそらく、いまだかつてない危機にさらされると思われます。

64万人が死亡すると言う、新型インフルエンザ。

パンデミックへのカウントダウンが始まっています。

今年8月、医師らに大流行前ワクチンの接種を始めたのを皮切りに
続々とパンデミックに備えるための対応がなされています。

9月には英国製薬会社が開発したプレパンデミックワクチンの臨床試験が
国内でも始まったと報じられました。

さらに、9月23日、新型インフルエンザに備えて一般家庭でも
一人当たり20から25枚程度マスクを備蓄しておく事が望ましいと
厚生労働省が呼びかけました。

より現実的な対策が取られ始め、ようやくパンデミックに対する危機感が
身近に感じられるようになったのではないかと思います。

世界の専門家の間では?すでにパンデミックへのカウントダウンが
始まっている。といわれています。

国や自治体の対策も必要ですが、個人で行う対策も欠かす事が出来ません。

まずは、感染、発症しないように、体の免疫力を高める事。

そして、パンデミックがおきてしまったときのために、生活必需品を
備蓄しておく事です。

今回、厚生労働省から発表のあったマスクに関しては個人向けの
呼びかけです。

これから、冬場を迎える日本は、インフルエンザの感染者が増える時期です。

もし、新型インフルエンザが本格的に流行したら何が起こるか分りません。

誰一人経験のない事ですから、国が予想する事態より悲惨な状況に
なるかもしれません。

国は64万人が死亡するだろうと予測しています。

国の予測は甘く、その10倍の死者が出るだろうと言う学者も
います。

このように、異常気象、経済不安、食糧問題など実に色々な問題が
山積みされる中でもしも、パンデミックが起こればトリプルパンチです。

明日、パンデミックが起こってしまってもあせらず行動できるように
今から準備をしておきましょう。

”備えあれば憂いなし” ではないでしょうか?



有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

別窓 | 新型鳥インフルエンザ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
銃弾よりもこわ~い!菌やフィルス!
2006-11-09 Thu 11:10
新型鳥インフルエンザ

渡り鳥が飛び交う季節!

ウィルスに国境はありません!

鳥インフルエンザは、人間社会への警告?

私たちにとって脅威の新型インフルエンザの大流行!

世界保健機関(WHO)は断言する。

大流行が起きた場合、世界中で最大7400万人が死亡すると
警告をしていました。

あれから1年インフルエンザ発生の公表はないものの
70パーセントを越える死亡率は、そのときが迫っていることを
予感しませんか?

姿が、見えない殺人鬼『新型鳥インフルエンザ』は静かに
時を待っているように感じますね。

今年も後残すところ、2ヶ月を切りました。

季節は、冬へと確実に移行しています。

冬と言えば、風邪のシーズンです。

怖いのは、インフルエンザです。もうひとつは、渡り鳥が
活発に移動する季節!

世界で、感染が広がっている鳥インフルエンザの危険性が
高まる季節がやってきたと言うことです。

現在、専門家が、鳥や人に感染が多発している毒性の強い
鳥インフルエンザ〔H5N1〕が突然変異して
人から人へ感染する可能性が高まってきたと言うことでした。

もし、新型インフルエンザの大流行が起きて、WHOが推定した
死者数が出たとしたら、人類史上最悪の死者数になるということです。

本当に怖い話ですね。

これも、地球上の自然を破壊して、また、自然の摂理に逆らって
便利快適!経済優先をした、ツケが回ってきたと指摘する声も多いです。

だとしたら、経済優先の社会から、心優先の社会へ・・・

先見性のある識者が常に口にするそんな時代へ
大きく舵を取っていかねばならないのではないでしょうか?

これからは、共生・共存の時代へ・・・

そして、大事なのは、それをやるのは私たち一人一人だと
言うことを、新型インフルエンザクライシスを読んで
強く感じました。

是非皆さんも、一度読んでみて下さい。

ロハスな次世代のエネルギーショップ
「ナチュラリースマイル」は有害物質は使わない
安心・安全な環境浄化・体内浄化本物商品をご提供!!
下記バナーをクリックしてお確かめ下さい!

別窓 | 新型鳥インフルエンザ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 【安心・安全】ロハスなライフスタイル |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。