地球が笑顔になれる環境作りのために「エコロジー&ロハス」な暮らしを提案します。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ある少女の心からのメッセージ
2006-10-02 Mon 10:40
imagetennsi1.gif

天使の願いを見て感心しました!感動しました!

この詩を書いたのは、明るくて、笑顔が愛らしい女の子なんです。

元気によく跳ねたり、飛んだりしながら遊ぶ姿は、背中に白い羽を
付けた、天使のようです。

3歳の頃でした、地面のミミズと遊んでいたのを目にしたお父さんは
「ほら!汚い虫をさわらないで、早く手を洗っておいで」と言うと
少女は、「何言ってるの、これは土の妖精なんだよ・・」と言ったのでした。

少女は、もちろん土の妖精とお話をして遊んでいたのでした。

この時は、お父さんも自分も大人になってずいぶん、
汚れてしまったものだと娘に気付かされたそうです。

幼稚園の頃は、お父さんとお母さんが言い合いをすることがあれば、
すぐに二人の間に入って、二人の手と手をとり、
「お父さん、お母さん、私のこの世で一番の願いは、
お父さんとお母さんが仲良くしてくれることなんだよ。」と言って、
仲直りをさせたそうです。

少女は、学校の勉強に力を入れるよりも、感性のままに、絵を描くことが
大好きです。

8歳の頃より、何気なく書いた、詩と絵をお父さんの机の上に
おいて置くようになったそうです。

この数年間の、少女の絵と詩が、今回の詩集になりました。

現在、13歳になった少女は、地球のみんなが心清らかに、自然を愛し
仲良くなってくれることを願っているそうです。

著者は沖縄の13歳の女の子と言う以外は分りません。

人間を愛し、自然を愛し、地球を愛する心をもった女の子。

今の現代人は反省する部分が多々あるのではないでしょうか?

この詩は、苦しんでいる地球が少女を通して、私たちにメッセージとして、
与えたもの、そんな気がしてならないのです。

皆さんはどのように思われますか?・・
スポンサーサイト
別窓 | 心の叫び | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 【安心・安全】ロハスなライフスタイル |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。