地球が笑顔になれる環境作りのために「エコロジー&ロハス」な暮らしを提案します。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【地球温暖化がもたらす海面上昇!】
2008-11-29 Sat 10:31
海面上昇



こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【地球温暖化がもたらす海面上昇!】です。


”他人事とは思えない自然災害の数々”

自然災害というが?それは人災ではないのか?


10月末、国連からショッキングな発表があったことが
報じられましたね。

地球温暖化による海面上昇の影響で
東京、大阪、神戸など海抜の低い都市が洪水など
深刻な被害を受ける恐れがあるというのです。

その事はメディアや新聞各紙でも伝えられました。

地球温暖化によって予想される近未来の予測は
国連IPCCを始めとする世界中の科学者の研究によって
過去何度も私たちに伝えられています。

そして、専門家が予測するよりも速いスピードで温暖化が
加速している事も、たびたび報じられています。

しかし私たちは、それらの発表をどのように受け止めているのでしょうか?

まだまだ他人事として受け止めている人が多数を占めているように
思えます。

ですが、私達がその事を意識するしないにかかわらず自然現象は
頻発化、巨大化に加え、突然に襲いかかる集中豪雨や雷雨など
予期せぬ自然災害も多発するようになってきたと思いませんか?

これって?自然災害なのでしょうか?

水に関する災害予測は、わが国の中央防災会議からも
多くの被害想定が発表されていますが、皆さんはご存知でしょうか?

例えば、関東圏の荒川や利根川が決壊したとすると?
最悪7500人の死者が出る事を予測しています。

利根川が1000年に一度という洪水が起きた場合?
最悪11000人がなくなると想定しています。

また、荒川決壊によって、160万人が暮らす地域で
浸水被害が出るほか、銀座が2メートルの浸水被害が
出ると予測していました。

水に関する災害だけでなく、気象や気候の変化によって
身の回りの変化を感じ取っている方も多いと思います。

日本でも竜巻の発生が頻発するようになりましたが
新潟市でも竜巻が発生しました。

このように、地球温暖化は人間活動に起因すると
国連IPCCの科学者も結論付けています。

私たちは一日も早くCO2を削減しなければなりません。

また、天空のオゾンホールについては、2007年よりも
2008年の方が拡大した事も報じられていました。

人間にとって住みにくい地球に、いいえ、住めないような
地球に突き進んでいませんか?

それを元に戻せるのは、私たちにしか出来ないのです。

戻すための時間も、残り少なくなってきています。


有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

スポンサーサイト
別窓 | 地球温暖化 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【約束達成期限まで1,600日】
2008-11-23 Sun 13:04
地球温暖化


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【約束達成期限まで1,600日】です。


京都議定書で約束した温室効果ガス削減目標
6%削減が、今年4月からスタートしています。

2012年までには、各国と約束をした目標を
達成しなければなりません。

皆さんはいかがでしょうか?

一人一日1kg削減!これは日本人全員の課題です。

約束の達成まで、あと1,600日です。

10月末、東京に世界の主要都市が集まり
地球温暖化対策の取り組みを話し合う会議がもたれました。

地球温暖化が進んだ先に迎える未来予測は、決して
余談を許さないものである事はすでに多くの方が知っての通りです。

石原知事が言う「地球がもたない」という表現は「人類がもたない」
と言う事です。

どんなに気温が上昇しようと地球自体は残るでしょう?

しかし、そのときには、人類は絶滅していると言う事です。

なぜなら、地球と私たちは1つだからです。

そうしないために、世界は一つになって行動しなければなりません。

『いきものみっけ』

世界は地球温暖化防止、CO2削減に向けて動いていますが
環境省が夏に行った市民参加の「いきものみっけ~100万人の温暖化しらべ」
アンケートを実施。

それによると、「温暖化を感じている」人の割合が93%だといいます。

また、「これって温暖化?」と普段の暮らしの中で感じている出来事について
投稿してもらったところ、興味のあるものとして次のようなものが寄せられたと
いいます。

去年まで鳴いていたミンミンゼミが鳴かなくなった。(兵庫県)

鈴なりのクマゼミの一方、油蝉がいなくなった。(神戸)

千葉や東京でナガサキアゲハをよく見かける。(東京)

入学式の写真では桜が散っていた。(東京)

お月見会に供えるススキの穂が出ていなかった。(岡山)

川に氷が張らなくなり、スケートで遊べなくなった。(岩手)

高温で漬物用のぬかが異常発酵し、ぬかが台無しに。(東京)

突然の雷雨や豪雨が増えたなど。・・・


私達の身近な所で、温暖化を示すサインは多く観られるようです。

手を打つのは今しかありません。

行動のときだと思いますが。。。


有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

別窓 | 地球温暖化 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【訴訟社会の始まりか?訴訟はもはや対岸の火事ではない!!】
2008-11-15 Sat 16:07
訴訟社会


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【訴訟社会の始まりか?

訴訟はもはや対岸の火事ではない!!】です。


化学物質に囲まれて生活をしている私たち。

人体実験とまで言われる有害化学物質の影響は
計り知れません。

様々な分野で、その有害性が露呈し、その責任追及が
訴訟と言う形で始まっている。

その事は、理美容業界は対岸の火事では済まされない。

容易に訴訟対象となるだろう。

なぜなら、どこよりも化学物質を多用する業界だからです。

最近、何気なく多用する製品によって被害を被り、損害賠償を
求めて訴訟を起こすケースが多くなってきたように感じます。

その背後にあるもの、それが有害な化学物質です。

我々がよかれと思って製造し、また、便利だと思って
消費してきた様々な製品が、実は危険な物だったということが
次々と明らかになってきています。

化学物質の有害性が明らかになるにつれ、化学物質によって
被害を被った患者が、製造メーカや化学物質を使用する現場に対して
損害賠償を求める動きも増えてきていますね。

看護師と言う立場上、自らが職場環境を選択できない中でおきた事実。

原告の生の声を聞くと、その現実は辛く苦しく、人生そのものに
大きく負担がのしかかってくる問題であることが分ります。

化学薬剤や医薬品による健康被害は、現場だけでなく
これらを認可する立場にある国の責任も見逃せません。

訴訟社会と言われるなか、いかなる業界もこれらの問題は
もはや対岸の火事では済まされなくなる事が見えてきます。

ロハスな生活を目指す人は、このような化学物質配合の
製品は避けてほしいものですね。


有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

別窓 | 訴訟問題 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【本当に怖い経費毒】
2008-11-07 Fri 13:15
経費毒


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【本当に怖い経費毒】です。


皮膚から化学物質が入り込むと言われても
信じられない気もしますが?

本当に入り込んでしまうんですね。


●口から入る「経口吸収」

●呼吸で吸い込む「経気道吸収」

●皮膚から入り込む「経皮吸収」

このように、体に化学物質を取り込んでしまうルートは
3つあります。

その中でも一番怖いのは?皮膚から入り込む「経皮吸収」
のルートなんです。

体の各部位の吸収倍率を見ると体の各部位によって
吸収の仕方が随分違います。

性器の吸収率の大きさには圧倒されます。

大事な器官の吸収倍率が、腕の内側より42倍も化学物質が
吸収してしまうと言うのに驚きませんか?


『家庭の中でには、化学物質がいっぱい?』


あなたの性器や肛門に、有害物質が付着する生活をしていませんか?

よーく考えてみると?特に女性の方!生理用ナプキンの原材料の
多くは石油です。

化学薬品に処理されて、水分の吸収率を高めています。

テレビでも有名女優を使ってスマートに宣伝されていますね。

でも、生理痛に苦しんでいた人が、布製のナプキンに変えたら
体調が戻ったと言う話も聞きます。

同様に怖いのが紙おむつ。

紙と言うのは名前だけで、こちらも多くが石油製品です。

何でも吸収してしまう赤ちゃんに、化学物質は触れさせたくないですね。

お母さんには面倒かもしれませんが、昔ながらの布オムツが安全です。

わが国は高齢者社会に向かって突き進んでいます。

老人の紙おむつも同様な事といえます。


シャワートイレも普及していますが、水道を性器や肛門に噴射する
事を懸念する人もいます。

塩素処理された水道水。

有機塩素化合物のトリハロメタンの発がん性も古くから話題になっています。

ガンの中でも大腸がんが急増しています。

シャワートイレの普及と大腸がんの増加カーブが似ているとの指摘もあります。

このように、私達の身の回りを見てみるだけでも、多くの化学物質に
囲まれた生活をしている事がわかります。

さらに怖いのは、体内に入り込んだ化学物質は親から子へ、子から孫へと
続いていきます。

妊娠、出産によって、次の世代に受け渡してしまう「経世代毒性」と言う
問題も指摘されています。


生活の中に潜む【本当に怖い経費毒】と言う問題を

私たちがしっかりと考え、家庭内の化学物質を見直して

いつまでも健康家族で暮らしたいですね。


有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

別窓 | 薬毒 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【食品の裏側!】
2008-11-04 Tue 10:31
食品の裏側


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【食品の裏側!】です。


『食の安全神話がくつがえる昨今!』


21世紀のキーワードは?”安心・安全”。

衣食住の中で、消費者が以前から気にしていたものは
なんと言っても「食」ではなかったでしょうか?

私達が生活を続ける上で大切な「食」。

安全だと思っていたものが、実はそうではなかった
というような一面が、最近多く表面化しています。

そんなことを、ベストセラーになっている”食品の裏側”
と言う本で知ることが出来ます。

最近では、メディアに取り上げられる事も多くなっています。


『作る人、売る人、買う人の利益は一致』


この本を書いた安部先生の講演はユニークで、とても面白い。

テーブルには何やら得体の知れない、白い粉の入った透明の
容器が数十本、ずらりと並べられています。

食品添加物は悪いと言うけれど、それを買うと言う人がいると言う事。

作る人、売る人、買う人、それぞれの動機は違うけれど
みんな利益は一致している。

つまり、作る側も、売る側も消費者ニーズに答えているだけだと
指摘します。

消費者が被害者のように言われるけれど、私たちは
食品添加物の支持者でもあるという言葉に納得せざるを得ませんね。

参加者が最も興味を引かれるのは、私達が日頃口にしている味を
目の前にある数種の白い粉を調合して再現してくれる事です。

今日は皆さんのリクエストどおりの物を作ります。

レモン?グレープ?それともメロン?と言う安部先生。

恐る恐るけげんな顔で、出来上がった液体を味見する参加者。

口に含むと顔がほころび、美味しい!いつも食べている味だ!。

このように、私たちは一体毎日何を食べているのでしょう?

疑問に思えてきます。

家族の健康のためにも【食品の裏側!】を一度読んでみて下さい。

さて今晩、あなたの食卓に上がる食品は本物?それとも原料は石油?


有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

別窓 | ロハスな本 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 【安心・安全】ロハスなライフスタイル |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。