地球が笑顔になれる環境作りのために「エコロジー&ロハス」な暮らしを提案します。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新型インフルエンザ!感染者1人でも学級閉鎖!
2009-01-19 Mon 11:26
新型鳥インフルエンザ


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、本日のテーマですが?


【新型インフルエンザ!感染者1人でも学級閉鎖!】です。



次々と打ち出される新型インフルエンザ対策。


幼稚園から大学まで、全学校が閉鎖になる日はいつ!?


前回では厚生労働省の新型インフルエンザ対策の1つ。

マスクの備蓄を書きました。

皆さんは、マスクの準備をされましたか?

国や自治体では、訓練を繰り返している中、20日には
厚生労働省の専門家の会議が新たな感染防止対策を
発表した事が報じられました。

それは、新型インフルエンザの感染者が、1人でも見つかった時点で
発生地の都道府県全域の学校を閉鎖すると言うものでした。

皆さん、その事態を想像できますか?

まるでテレビや映画の1シーンを見ているかのようの状況が
目の前で繰り広げられるのです。

その状況を実感できますか?

これか近い将来必ず起こる出来事なのです。

今回の発表では同時の電話による診療だけで
インフルエンザ治療薬処方箋発行を認める方針も打ち出されました。

この事態を見ても、今までのインフルエンザウィルスと
新型インフルエンザウィルスとの差がはっきりうかがえます。

まだ日本では、鳥インフルエンザが人間に感染したと言う事例は
ありませんが、1例でも報じられれば大混乱が巻き起こる事は必至です。

パンデミックが起きた場合、厚生労働省の予測では、国民の25%。

つまり、4人に1人が感染し実に3200万人になるのです。

入院する患者は200万人にのぼるとしています。

そして、死者数は64万人になると試算しています。

この死者数は、スペイン風邪と同程度の毒性のウィルスが
新型となって出現した場合の想定です。

今回の新型インフルエンザはH5N1型の鳥インフルエンザウィルスは
強毒性ですので、想定外です。

一度、流行したらもしかして?死者数はその3倍200万人以上に
なるかもしれません。

ワクチンが出来るまで、時間もかかります。

私達の免疫力を日頃から高める事が何よりの感染防止に
つながると考えますが?

皆さんはいかがでしょうか?



有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

スポンサーサイト
別窓 | 新型鳥インフルエンザ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【当たり前が、当たり前でなくなる時?】
2009-01-09 Fri 10:58
帰宅難民


こんにちは、ナチュラリースマイルです。


いつも、私の日記を読んで頂き心より感謝します。


皆さんよろしくお願いします。


それでは、今年最初のテーマですが?


【当たり前が、当たり前でなくなる時?】です。



近未来!その日は誰の身にも必ずやって来る!


首都直下地震は、いつ起きてもおかしくない状況にあります。

関係する自治体でも避難訓練が行われているほか
それらの情報は地震や防災の専門家を通じて
様々な角度から私たちに伝えられています。

10月末には中央防災会議から、そのときの
シュミレーションが、発表されました。

首都圏1都3県の昼間の人口は3400万人に
なると言われています。

交通機関がストップすることによると650万人が
帰宅難民の対策が必要だとしています。

その中で、なるほどなあと思ったのはトイレの問題でした。

私たちにとって、あって当たり前と思っているトイレですが
思いもかけない数字に驚くと共に、その内容に納得させられました。

地震によってトイレが使えなくなる事により、82万人もの人たちが
トイレ難民にもなるだろうと予測されています。

都心部のトイレの待ち時間は4.5時間にもなり、長蛇の列が
続くと言います。

その状況は時間と共に悪くなり、やがてはトイレが使えなくなる
だろうと予測。

まだあります。その時一斉に徒歩で自宅や避難所を目指す
人の数は1270万人で、国道は満員電車並の状況に。

そしてここでも。トイレ不足が発生し、それは17時間も
続く事が予想され、24時間以内にトイレットペーパーが
なくなることも予想されているといいます。

混雑による死傷者が出るほか、過去の地震災害の経験から
トイレを我慢するために水分を控え、血栓症を引き起こす
危険性も指摘されています。

対策としては、帰宅時間をずらす、会社での社員用簡易トイレの
備蓄、個人でも介護用オムツの常備が必要としているほか
コンビニ袋とポケットティッシュの常備もすすめています。

活動期に入ったと言われる地球です。

いつ大地震が起きても不思議ではない状況下に
私たちは暮らしていると思った方がいいでしょう。

今の若い人たちはこれから先、2度の巨大地震を経験する
可能性が高いと専門家はいいます。

わが国だけでなく、世界各地で地震が頻発するようになった
理由は、アセンションに向けて地球の自浄作用が
始まったと見るべきでしょう。

地球の自浄作用を止める事は難しいかも知れませんが
私たちの暮らしに多大な支障をきたさない範囲の揺れに
止めたいものですね。

言うなれば、大難を中難に、中難を小難に。。。。。

それには、普段から目に見えない備え、それは私達の
心の浄化が何よりも大事ではないでしょうか?

その原点は、”感謝”の気持ちを大切にしたいものです。

今の私たちには、この感謝の心が希薄になっているようにも
見えます。

地球に生かされていることに感謝。

今の暮らしがあることに感謝、身の回りで起きる全ての事。

モノに感謝を忘れない事ではないでしょうか?



有難うございました。


ロハスな次世代の健康ショップ !
「ナチュラリースマイル」は安心・安全な
環境浄化・体内浄化本物商品を提供しています。
是非!下記バナーをクリックしてお確かめ下さい。
お待ちしています!ありがとうございました!

別窓 | 自然災害 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 【安心・安全】ロハスなライフスタイル |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。